• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 881
  • 公開日時 : 2021/01/18 21:10
  • 更新日時 : 2021/02/08 22:15
  • 印刷

旅行者より宿泊施設で会社名の領収証を求められた場合は、どのように対応したらよいでしょうか。

回答

こちらでお答えさせていただいておりますが、)企業が旅行者の旅行・宿泊費用を負担しているか否かは、予約時や宿泊施設等における現場での確認では識別が難しいため、予約時や宿泊施設におけるチェックインの際などに、宿泊施設等において確認する必要まではありません。

ただし、宿泊施設等が、旅行者より領収証等に会社名を記載するように求められる場合は、企業において旅行代金を負担するビジネス出張であるとみなされるものであることから、本事業の趣旨に鑑み、宿泊施設等は旅行者に対して、支援の対象外となる旨をご説明いただき、このような求めに対しては、拒否していただいて構いません。(割引後の宿泊代金に対して会社名の領収証等を求められた場合には、目的の如何に関わらず、拒否していただいて構いません。)
 
それでもなお、会社名の領収証等を求められる場合は、割引前の宿泊代金を支払って頂き、それと同額の会社名の領収証等を発行いただくとともに、未使用の地域共通クーポンの返却を求めることとします。地域共通クーポンを既に使用しており、返却が困難な場合には、追って地域共通クーポンと同額の返還が必要となる旨、お伝えください。あわせて、Go To トラベル事務局に対し、当該事実関係をご報告ください。

また、予約サイト等において、宿泊前に既に宿泊代金を支払っている場合は、領収証等に会社名を記載することはできない旨をお伝えください。ただし、11月5日以前の予約分についてはこの限りではありません。
他方で、本事業においては、教育旅行を支援の対象としておりますので、教育旅行において、領収証等に学校法人名を記載することを求められた場合には、求めに応じていただくことは問題ありません。

アンケート:ご意見をお聞かせください