• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 883
  • 公開日時 : 2021/01/18 21:10
  • 更新日時 : 2021/01/21 11:50
  • 印刷

受験のために旅館・ホテルに宿泊したいのですが、支援の対象になるのでしょうか。

回答

本事業においては、ビジネス目的での利用を除き、「宿泊」単体又は「宿泊+交通」の旅行商品を支援の対象としております。
一方で、「宿泊+α(商品やサービス)」又は「宿泊+交通+α(商品やサービス)」の旅行商品の場合には、「α(商品やサービス)」の部分について、下記の基準・考え方に照らし、本事業の支援の対象として適切であると認めるか否かを社会通念上の観点も含めて総合的に判断することとしております。(旅行者の目的によらず、旅行商品の性質で判断します。)

①観光を主たる目的としていること
②感染拡大防止の観点から問題ないこと
③旅行商品に含まれる商品やサービスの価額が通常の宿泊料金の水準を超えないこと
④旅行者自身が旅行期間中に購入又は利用するものであること

なお、「α(商品やサービス)」の部分が本事業の支援の対象外と判断された場合であっても、「宿泊」又は「宿泊+交通」の部分が「α(商品やサービス)」の部分と明確に切り分けて販売されていれば、当該「宿泊+交通」部分は本事業の支援の対象とします。
 
<例>
・受験を目的として、ホテル・旅館を予約した。
→「宿泊」のみであるため、当該ホテル・旅館が本事業の登録事業者であれば支援の対象となります。

・冠婚葬祭を目的として、宿泊+交通がセットになった旅行商品を予約した。
→「宿泊+交通」であるため、当該旅行商品が本事業の登録事業者によって販売されるものであれば支援の対象となります。

・受験のため、「宿泊」+「交通」+「講習代」がセットになった旅行プラン(例:受験生応援パック)を予約した。
→「講習代」について、上述の基準・考え方に照らして判断することとなりますが、「①観光を主たる目的」とは言えないので、「講習代」を含む旅行商品は本事業の支援の対象外になります。なお、この場合であっても、「宿泊+交通」の部分が「講習代」と明確に切り分けて販売されていれば、当該「宿泊+交通」部分は本事業の支援の対象とします。

アンケート:ご意見をお聞かせください